動画資料

実機での動作をご覧いただけない事も御座いますので、動画資料を用意致しました。
製品紹介、各種用途適用状況、カスタム機能など、ドキュメントで分かり難い所を、動画でご確認下さい。
特定用途向けの技術情報も掲載しております。標準製品でない部分は、ご相談を頂き個別の対応を検討させて頂きます。

41~50件 / 全51件

特定用途向け製品UHF帯多数アンテナ機器&U/Iオプション

PDFで詳細を見る
RFIDを利用した簡易工程進捗情報収集の事例です。工程認識箇所毎にアンテナを設置し、タグ付トレイを移動させるだけで、トレイの所在情報(いつ、どこに、なにが)を取得し、工程の進捗情報として収集します。複数アンテナ(最大16…

詳しく見る

RFIDを利用した簡易工程進捗情報収集の事例です。
工程認識箇所毎にアンテナを設置し、タグ付トレイを移動させるだけで、トレイの所在情報(いつ、どこに、なにが)を取得し、工程の進捗情報として収集します。複数アンテナ(最大16個)を接続可能な機器を利用し、ユーザーインターフェースとしてアンテナ毎に、3色発光LEDとブザーを搭載したオプションを併用し認識漏れの発生を防止します。
ユーザー様にてRFID機器の制御ソフトウェアを開発する必要が無く、システムへタグ情報を取り込む事が出来る方法情報資料もあわせてご確認お願い致します。
(システムでのタグ情報の取込み方法)

◆用途:工程進捗情報収集、投入部材の管理
◆特徴:工程を実製品とともに推移するトレイの状況を把握する事で情報収集
    トレイの他、工程票やパレット、また、製造対象現品へのタグ付による適用も検討可能
◆基盤技術:複数アンテナ制御技術、システムI/F開発(ソフトウェア)
◆製品
  R/W:ベース 多数アンテナ接続可能機器 UPx-100/200/250/1000  CBファミリ製品
  ANT:任意 (動画使用ANT:AN-USOR2)
  Tag:汎用ラベルタグ(トレイへ貼付)
  HOST:Win系PC
  Soft:デモ用アプリケーションを準備

特定用途向け製品UHF帯インサートタグ付検体場所認識

PDFで詳細を見る
検体の凍結保管ボックスにおける位置検出・個体識別の事例です。UHF帯ICタグ入インサートタグを各検体の底部に装着し、凍結保管ボックスへ配置して認識します。液体窒素から取り出して直ぐの状態での認識も可能です。デモ機器対応ボ…

詳しく見る

検体の凍結保管ボックスにおける位置検出・個体識別の事例です。
UHF帯ICタグ入インサートタグを各検体の底部に装着し、凍結保管ボックスへ配置して認識します。
液体窒素から取り出して直ぐの状態での認識も可能です。

デモ機器対応ボックス
例)WHEATON KeepIT Freezer Box KeepIT-81(130x130x52mm) 81本立て

◆用途:検体管理
◆特徴:底部へのインサートタグを利用し、クライオチューブのボックス内の位置認識にも対応
◆基盤技術:UHF帯RFIDアンテナカスタム、複数アンテナ制御技術
◆製品
  [ご利用のチューブ、ボックスの情報によりカスタム機器として提供致します。]
  R/W:ベース UPx-1000-J2(M/L)、UPx-250-J2(M/L)、UPx-200-J2(M/L)のカスタム品
  ANT:カスタム品
  Tag:クライオチューブ対応UHF帯ICタグ入インサートタグ
  HOST:Win系PC
  Soft:デモ用アプリケーションを準備

特定用途向け製品UHF帯インサートタグ付検体一括認識

PDFで詳細を見る
検体の一括認識事例です。UHF帯ICタグ入インサートタグを各検体の底部に装着し、凍結保管ボックスへ配置して認識します。液体窒素から取り出して直ぐの状態での認識も可能です。◆用途:検体管理 ◆特徴:底部へのインサートタグを…

詳しく見る

検体の一括認識事例です。
UHF帯ICタグ入インサートタグを各検体の底部に装着し、凍結保管ボックスへ配置して認識します。
液体窒素から取り出して直ぐの状態での認識も可能です。

◆用途:検体管理
◆特徴:底部へのインサートタグを利用し、クライオチューブの認識にも対応
◆基盤技術:UHF帯RFIDアンテナバリエーション、複数アンテナ制御技術
◆製品
  R/W:ベース UPx-1000-J2(M/L)、UPx-250-J2(M/L)のカスタム品(断熱タグ置き台等)
  ANT:内蔵
  Tag:クライオチューブ対応UHF帯ICタグ入インサートタグ
  HOST:Win系PC
  Soft:評価用アプリケーションはダウンロード可能
     https://artfinex.co.jp/uhf-info/ 「UHFRFID評価用WinAPL」

特定用途向け製品UHF帯横貼タグ付検体一括認識

PDFで詳細を見る
検体の一括認識事例です。UHF帯ICタグ付ラベルを各検体チューブへ横貼りし凍結保管ボックスへ配置して認識します。液体窒素から取り出して直ぐの状態での認識も可能です。◆用途:検体管理 ◆特徴:横貼のラベルタグを利用し、クラ…

詳しく見る

検体の一括認識事例です。
UHF帯ICタグ付ラベルを各検体チューブへ横貼りし凍結保管ボックスへ配置して認識します。
液体窒素から取り出して直ぐの状態での認識も可能です。

◆用途:検体管理
◆特徴:横貼のラベルタグを利用し、クライオチューブの認識にも対応
◆基盤技術:UHF帯RFIDアンテナバリエーション、複数アンテナ制御技術
◆製品
  R/W:ベース UPx-1000-J2(M/L)、UPx-250-J2(M/L)のカスタム品(断熱タグ置き台等)
  ANT:内蔵
  Tag:クライオチューブ対応UHF帯ICタグ付ラベルタグ
  HOST:Win系PC
  Soft:評価用アプリケーションはダウンロード可能
     https://artfinex.co.jp/uhf-info/ 「UHFRFID評価用WinAPL」

特定用途向け製品バーコード内容のUHF帯ICタグへのエンコードとUHF帯RFID商品タグの認識

PDFで詳細を見る
バーコードスキャナ・UHF帯RFIDリーダ・ライタ一体型USB機器を使用して、商品バーコードをUHF帯ICタグへエンコードする事例です。エンコード内容は、ヘッダ・フィルタ・パーティション・企業コード・商品コード・タグメー…

詳しく見る

バーコードスキャナ・UHF帯RFIDリーダ・ライタ一体型USB機器を使用して、
商品バーコードをUHF帯ICタグへエンコードする事例です。エンコード内容は、
ヘッダ・フィルタ・パーティション・企業コード・商品コード・タグメーカー・
シリアル番号となります。

◆用途:UHF帯ICタグ付商品タグの発行、スマートPOSの入力装置
◆特徴:バーコードとUHF帯RFIDの一体化機器
           エンコードはHOST不要で実施可能
◆基盤技術:UHF帯RFIDリーダ・ライタ用SoC、EPC標準コード、
                キーボードエミュレート
◆製品
  R/W:UBar-200f-J2-2D(USB)
  ANT:内蔵
  Tag:SGTINコードがエンコード可能なUHF帯ICタグ、UHF帯RFIDタグ付商品タグ
  HOST:エンコード時:不要(ボタン操作で可能)、キーボードエミュレート:Win系PC、プロトコル利用:Android他
  Soft:評価用アプリケーションはダウンロード可能
     https://artfinex.co.jp/uhf-info/ 「バーコード+UHF帯RFID UBar-200f専用 評価用WinAPL」

特定用途向け製品UHF帯ICタグ付商品タグのデコード&キーボードエミュレート

PDFで詳細を見る
アパレル等で利用しているUHF帯ICタグ付商品タグの内容をデコードして、ヘッダ・フィルタ・パーティション・企業コード・商品コード・タグメーカー・シリアル番号の情報をキーボードエミュレートにて通知する事例です。◆用途:UH…

詳しく見る

アパレル等で利用しているUHF帯ICタグ付商品タグの内容をデコードして、
ヘッダ・フィルタ・パーティション・企業コード・商品コード・タグメーカー・
シリアル番号の情報をキーボードエミュレートにて通知する事例です。

◆用途:UHF帯ICタグ付商品タグ内容の確認
◆特徴:バイナリーデータとして格納されているICタグの内容をデコードして通知
           複数タグの一括認識にも対応
◆基盤技術:EPC標準コード、キーボードエミュレート
◆製品
  R/W:UT-200f-J2(USB) 他
  ANT:任意(UT-200fは、アンテナ内蔵 一体型)
  Tag:SGTINコードがエンコードされた商品タグ用UHF帯ICタグ(企業コード 7 or 9桁)
  HOST:Win系PC
  Soft:ダウンロード可能
     https://artfinex.co.jp/uhf-info/ 「EPCデコード機能付キーボードエミュレーション」

特定用途向け製品指定タグ認識時のメールによる通知

PDFで詳細を見る
UHF帯RFIDを利用した指定タグを認識した際にE-mailで通知する事例です。◆用途:徘徊監視、イベントでの特定来場者の動線把握、特定荷物の通過通知 ◆特徴:Android端末のアプリケーションでRFIDリーダを制御す…

詳しく見る

UHF帯RFIDを利用した指定タグを認識した際にE-mailで通知する事例です。

◆用途:徘徊監視、イベントでの特定来場者の動線把握、特定荷物の通過通知
◆特徴:Android端末のアプリケーションでRFIDリーダを制御するので
           システム構築が容易
◆基盤技術:ハンズフリー認識、Android端末用制御ソフトウェア
◆製品
  R/W:UP2-250-J2(M/L) 特定小電力機器 or 
                                                     UP2-1000-J2(M/L) 構内無線局機器
  ANT:検出箇所の壁(低い位置)への設置 AN-USOR2ca(920) or AN-UA5010(920) 他
  Tag:ズボンの裾部分へ取付
  HOST:OTG対応USBホストI/Fを搭載のAndroid端末
  Soft:基本ソフトウェアは、Googleplayからダウンロード可能 「MailNotification」
     (入手先情報 https://artfinex.co.jp/uhf-info/ 「指定タグ認識時メール配信AndroidAPL」)

特定用途向け製品通過認識・方向検出

PDFで詳細を見る
UHF帯RFIDを利用したハンズフリーでの方向検出を含む通過認識事例です。 「いつ、どこを、何(誰)が」に、「方向」の情報を追加する事で、静的状態との区別も可能です。◆用途:所在管理、人員把握 ◆特徴:ドアや壁等の仕切り…

詳しく見る

UHF帯RFIDを利用したハンズフリーでの方向検出を含む通過認識事例です。
「いつ、どこを、何(誰)が」に、「方向」の情報を追加する事で、静的状態との区別も可能です。

◆用途:所在管理、人員把握
◆特徴:ドアや壁等の仕切りのない場所への設置可能な構成であり、
           認識状況に合わせたソフトウェア処理で方向を検出
◆基盤技術:複数アンテナ機器、制御ソフトウェア
◆製品
  R/W:UP2-250-J2(M/L) 特定小電力機器 or UP2-1000-J2(M/L) 構内無線局機器
  ANT:検出箇所の上方に2台設置 AN-USOR2ca(920) or AN-UHKR1ca(920)
  Tag:ヘルメット内面へ貼付
  HOST:Win系PC
  Soft:カスタム提供 ID+通過方向情報をシステムへ通知
       上位システムにて、複数個所の情報を合わせ所在を管理

特定用途向け製品機器等運転状況監視&所在管理ユニット KoKo2r

PDFで詳細を見る
研究機関や医療関係機関で使用されている測定/分析機器は、動作・機能品質の維持のため、1台ごとに点検を行い、常に状態を把握しておく必要があります。 特に可搬型の機器は、どの場所のどのあたりに、誰に使用されているかを人手によ…

詳しく見る

機器等運転状況監視&所在管理ユニット KoKo2r

研究機関や医療関係機関で使用されている測定/分析機器は、動作・機能品質の維持のため、1台ごとに点検を行い、常に状態を把握しておく必要があります。 特に可搬型の機器は、どの場所のどのあたりに、誰に使用されているかを人手によって管理しており、管理責任者の負担は大きく、生産性・効率・管理精度を損なうものになっています。

本製品は、発信機やアクティブタグを使用したものとは異なり、これらの機器が電源(コンセント)を使うことから、コンセントと対象機器との間に接続して使用します。

壁側コンセント付近に所在情報を書き込んだRFIDタグを貼り付け、これを読み取ることで、機器の所在を把握します。
また、測定機器に流れる消費電力量の変化を捉えて、未使用か使用中かの状態も併せて検知します。
これらの情報をUHF帯の通信を使用して、上位のシステムへ通知することができます。

いつ、どこで、どの機器が、どれだけ使用されているかを簡単に正確に把握できることを目的とした製品で、電気用品安全法(PSE)の
適合検査に合格しています。

特定用途向け製品工程実績収集用RFIDボード(おくだけボード)

PDFで詳細を見る
製造業などで工程別の作業実績を簡単に収集するためのRFIDボード(おくだけボード)です。各工程で複数の作業者が、複数のかんばんについて加工や組立てをするような形態に向いています。■使い方各工程に1台ずつのおくだけボードを…

詳しく見る

工程実績収集用RFIDボード(おくだけボード)

製造業などで工程別の作業実績を簡単に収集するためのRFIDボード(おくだけボード)です。各工程で複数の作業者が、複数のかんばんについて加工や組立てをするような形態に向いています。

■使い方
各工程に1台ずつのおくだけボードを設置します。
1台のおくだけボードには、複数のRFIDリーダが芋づるで接続されています。
各RFIDリーダにRFカードを置いたり、取ったりするだけの運用になります。
RFカードは、①かんばんカード、②作業者カード、③中断などの種類に割り振り、このRFカードをRFIDリーダのところに置くだけで、いつどのかんばんが、どの工程で始まって、誰がどのくらい作業をしたかの時間を正確に収集することができます。

1ボードに接続できるRFIDリーダは最大32個まで、どのリーダにどのRFカードを置くかや、どのような順番に置くかなど、簡単なルールを決めて運用します。
おくだけボードは、いつそのRFカードが置かれて、いつ取り出されたかを時刻とともに記録するだけです。
あとは、上位のシステムで記録されたログを集計することで作業実績が分かる仕組みとなっています。
おくだけボードは上位のシステムとUSBやLANで接続することができます。また、収集したログをデータベースに記録するまでのソフトウエアをご提供することができます。RFカードの種類やフォーマットはお客様と打合せをしてお決め頂くことができます。
また、おくだけボードには、押しボタンスイッチを付けることができますので、緊急時にパトライトを点灯したり、他のシステムと連携することができます。

先頭へ