会社概要

概要

会社名
株式会社アートファイネックス ART Finex Co.,Ltd.
代表者
代表取締役 中村 隆治
設立
平成23年11月1日 ※会社分割により新設
資本金
5,000万円(払込)
事業内容
RFID製品の開発・販売およびコンピュータシステムの開発、
並びに輸送機器事業  ≫ 詳しくはこちら
所在地
福井本社
〒916-0037 福井県鯖江市上河端町第6号1番地33
TEL:0778-54-8085 / FAX:0778-54-8092
東京支社
〒101-0047 東京都千代田区内神田2丁目15番9号(The Kanda282 5F)
TEL:03-3526-3870 / FAX:03-5289-7352
役員
代表取締役社長 中村 隆治
取締役 山本 明夫
光川 幹夫
監査役 廣田 久行
社員数
24名 平成29年4月現在(アートグループ合計:418名)
取引銀行
北陸銀行・みずほ銀行
関連会社
  • 株式会社アートホールディングス
    福井県鯖江市上河端町第6号1番地33
  • 株式会社アートテクノロジー
    システム設計、ソフトウェア開発 福井県鯖江市上河端町第6号1番地33
  • 株式会社アートソフトウェア
    ソフトウェア開発(プロセス製造) 福井県福井市下馬2丁目405番地
  • 株式会社アートソリューション
    ソフトウェア開発(金融系) 石川県金沢市示野中町1丁目180番地
  • 株式会社ヒューマン・デザイン
    人材派遣、教育事業 福井県福井市羽水2丁目701番地(MSビル1F)
グループ会社紹介はこちら
沿革
UHF+Barコードの複合リーダライタ「Ubar」を試作
高出力5モードマルチプロトコルRFIDリーダライタアンテナ分離型ILT対応「AMI2470」を試作
2.45GHz帯アクティブタグ「KoKoタグ(AMI2050T)」を試作
中出力4モードマルチプロトコル超小型RFIDリーダライタ「AMI2400」をリリース
中出力4モードマルチプロトコルRFIDリーダライタアンテナ分離型「AMI2450」をリリース
医療検体チューブ向け個体管理用RFIDリーダライタ「AMX7135」開発、OEM納入
Sobal社RFID事業部門を譲受、RFID東京事業として発足、UHF帯製品ラインナップ
品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO9001:2008」を認証・取得
半導体工場内30カ所の出入り口へRFIDハンズフリーゲートシステムを構築、稼働開始
4モードマルチプロトコルRFIDリーダライタアンテナ分離型「AMI2010シリーズ」をリリース
アートファイネックスHPサイトをリニューアル、発信情報を大幅に拡大
可搬型測定機器の所在、稼働管理機器「KoKo2r」を医療商社へOEM提供
4モードマルチプロトコルRFID「AMI2000」をリリース
NFCIP-1対応超小型アンテナ分離型RFIDリーダライタ「ARI3040」をリリース
NFC対応ダイナミックタグ(NFCBridge)を開発、機器間通信用にリリース
IO→LAN変換ユニット「IOLAN」をリリース、IOと連携したRFID制御機器をリリース
NFCIP-1対応超小型RFIDリーダライタ「ARI3030」をリリース
関東地区市立図書館に大規模(250棚)のRFID書架を納入、運用コスト低減とサービス向上を実現
NFCIP-1対応超小型RFIDリーダライタ「ARI3020」をリリース
都内区立図書館向けRFID書架(120棚)を開発、納入
鉄道向け高速(130Km/h)移動RFIDタグ検知リーダを試作、納入
アートテクノロジーのRFID事業部門を分離(会社分割)しアートファイネックスを設立
都内区立図書館向けRFID書架(60棚)を開発、納入
NFCIP-1対応RFIDリーダライタ「ARI3000」をリリース
アートファイネックス本社社屋が完成
積層タイプRFIDタグを活用した債権管理システムを大手生保へ納入
アートグループ5社がホールディングス制に移行
中出力超小型RFIDリーダライタ「ASI4020」をリリース
海外プラント人員管理向け耐環境型RFIDリーダライタ カスタム納入
ハンディタイプのRFIDアンテナ「HAT06Plus」を開発、リリース
通信キャリア向けWebサイト誘導端末を開発、納入
動物実験用マウス 位置トレース用カスタムリーダを国立病院に納入、稼働
日立μチップ対応浸水検知器を開発、大手通信機器メーカへ納入
セキュリティ制御向けネットワーク対応RFIDリーダライタ「ASINETシリーズ」をリリース
情報セキュリティに関する国際規格「ISO27001(ISMS)」を認証・取得
μiTron内蔵HTTPs対応ネットワークリーダライタ「NetFree」をリリース
USB対応マルチプロトコルRFIDリーダライタ「ASI4000USB」をリリース
低電圧高出力(3W)RFIDリーダライタ「ASI4300」をリリース
超小型RFIDリーダライタ「ASI4000」を正式リリース
アートテクノロジー本社社屋完成、現在地へ移転
超小型RFIDリーダライタモジュール「ASI4000」を試作、RFID事業を開始
RFIDを組み込んだQualityGateSystem(QGS)を開発、自動車部品メーカへ納入
自動車部品メーカーへRFIDを利用したセル生産管理システムを納入
アートテクノロジーを設立(アートファイネックスの分社前の母体企業)
株式会社アートファイネックス:福井本社
福井本社
大きな地図で見る
大きな地図で見る

経営戦略

常歩無限
並足で着実に歩めば、その道は無限に広がり続く

アートグループは確かな情報技術を持って、変革・信頼・総智に取り組み、お客様との相互信頼のもとで、社会の発展に貢献します。

  1. 変革(先進、挑戦、創造)
  2. 信頼(QDC/品質・納期・コスト、コンプライアンス)
  3. 総智(啓発、人材育成、コミュニケーション、チームワーク)

アートグループは、平成2年8月に発足し、今年で25年目を迎えました。

この間、多難な創業期、汎用からオープン化への転換期、得意としていた制御・FA系の衰退、西暦2000年対応、事業の多角化、インターネットの普及とシステムのWEB化等々、時代の潮流を的確にとらえ、経営の安定、強化、発展へと今日まで順調に成長して参りました。これも一重に全社員の英知と弛まない努力とともに、お取引いただくお客様からの厚いご支援の賜物であります。

しかしながら、昨今の経済環境、ソフトウエアの構造的な諸問題を始めとして、取り巻く環境には大変厳しいものがあります。アートグループを次世代の新しいステージに飛躍させ、さらに揺るぎない経営基盤を確立するために、新たに3ケ年(2012年8月~2015年7月)の中期経営計画『Next Stage ART2012』を策定致しました。

さらに、平成22年8月に大規模な組織再編を行い、新しい株式会社アートテクノロジーとして発足させ、下記の事項を重点的に今後も推進していきます。

  • ソリューションビジネスの強化(営業力強化と付加価値の増大)
  • 得意技術(RFID、通信、組込等)への取組み拡大と収益力向上
  • 相互補完型のアライアンスの拡大
  • コンプライアンスへの取組み
  • 人材育成

一般事業主行動計画

全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように一般事業主行動計画を策定する。

目標(1)

所定外労働を削減するため、ノー残業デーを設ける

そのために:所定外労働の指示命令の徹底を図る

目標(2)

年次有給休暇の取得し易い職場環境を作り、有給休暇の取得を促進する

そのために:取得促進のための研修を実施する

目標(3)

男性の妻出産に伴う、子供出生時における育児休業の取得を促進する

そのために:社員に制度内容の周知を図る

目標(4)

若年者雇用を中心としたトライアル雇用を実施する

そのために:新規学卒者の採用を検討する

お問合せ・ご相談はこちら
TEL:0778-54-8085
TEL:03-5289-7351
Webサイトからのご相談はこちら
お問合せフォーム
先頭へ