動画資料

HF帯

東京

Sigfox対応HF帯RFIDリーダ活用例

2020年06月02日
PDFで詳細を見る

Sigfox-I/F搭載HF帯RFIDリーダの活用例の紹介です。RFID東京事業部では、HF帯EPC C1タグ(UHF帯EPC C1G2タグと相当のメモリ構成・規格)を利用したソリューションの提供を開始致しました。Sigfoxプラットフォームを利用し、「いつ、どこで(SigfoxデバイスID)、何が(タグ情報)」を簡単にクラウドへ取込む事が出来ます。
◆用途:自宅学習記録、ポイントラリー、作業進捗情報収集
◆特徴:自立動作でタグ状態を認識して通知。
      HF帯EPC C1タグを利用、積層状態にも対応。
      用途に応じたカスタム対応。
◆基盤技術:UHF帯EPC C1G2対応技術を応用
      R/W、アンテナカスタマイズ技術
◆製品
  R/W:カスタム品 (内部R/Wモジュール:NEX7040A) 
   ANT:各種 (動画使用 AT06)
  Tag:HF帯EPC C1タグ
   HOST:Sigfoxプラットフォーム
  Soft:クラウドシステム協業会社様募集中

先頭へ